上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魔界転生(上)―山田風太郎忍法帖〈6〉 魔界転生(上)―山田風太郎忍法帖〈6〉
山田 風太郎 (1999/04)
講談社
この商品の詳細を見る

 あけましておめでとうございます。今年も何卒よろしゅう。

 大晦日はNHKの不祥事とか何とかあった中、ずーっと魔界転生読んでました。こ、こんな面白い小説がこの世にあったのか……!


スポンサーサイト
伊賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈3〉 伊賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈3〉
山田 風太郎 (1999/01)
講談社
この商品の詳細を見る


バジリスクやY十Mを読んで以来、原作である山田風太郎忍法帖シリーズに興味を持ち、機あらば是非一読してみたいと思っていたのですが、
あの松永久秀が絡んでくる作品があるという話を聞き、早速それを購入。


さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉 (2005/02/16)
光文社
この商品の詳細を見る


今更ながら購入し読了。

「たーけやーさおだけーー」のフレーズで有名なさおだけ屋。
とても売れてそうには見えないこの商売が何故廃れないのか?
そのような日常の素朴な疑問から会計の知識を紹介している本。

自分的に耳が痛かったのが

「1000円のものを500円で買うのと、101万円のものを100万円で買うのでは、どちらがお得か?」

というお話。

利益率でいえばどう見ても前者なんですが、よくよく見ると、
前者は500円しか得してないんですが、後者は1万円得してるんですよね。
自分の場合、特に一人暮らしを始めてからは

「バナナが30円安い!」

とかそういうしみったれたオバサン的思考が身についてる割には、
いざパーッと大金を使うときにはあんまそういうのを気にしない性格。
通りであんまりお金が貯まらないわけだ……。

純粋に読み物として面白いので、会計にそれほど興味がなくてもオススメです。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。