上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓以下某所の冬目スレより引用。




858 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2007/12/21(金) 18:48:21 ID:+ki4itHB0
姐さんはもちろん、村田蓮爾と安倍吉俊のファンでもある俺はrobotを購読してる。
で1月にrobot10が出ると聞いてAmazonをのぞいたら

>人気の「お宅訪問」は、冬目景とSABEを直撃

「お宅訪問」は、冬目景

冬目景

  ( ゚д゚)     
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄           
  ( ゚д゚)     
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

http://www.amazon.co.jp/robot10-%E6%9D%91%E7%94%B0%E8%93%AE%E7%88%BE%E4%BB%96/dp/4862690467/ref=pd_ys_ir_

おまえら姐さんの部屋が見れますよ。




ΩΩ Ω<な、なんだってー(AA略

robotにたまに冬目姐さんがイラストを描いているという話は知っていましたが、自宅が公開とはこれは買うしかないだろう!!2000円と少々値が張りますが、姐さんの部屋を見られると思えば!!!!!1111

db27d988_20071225013435.jpg

で、その僕が大好きな漫画家の一人である冬目景先生なんですが、コアな漫画好きの中では名が知られている一方、その漫画を読んだ事があるという人にはなかなか出会えない。mixiの冬目景コミュも7000人近く人いるし、ファンが少ないわけではないはずなんだけど……マイナーメジャーというやつなのかな。

ct46.jpg

冬目景の漫画の面白さを語るのは難しい。面白くないわけではないんです。むしろ凄く面白いんだけど、いざ「どういう風に?」と聞かれると困る。敢えて言うなら、その独特のタッチの絵と類稀なる情景描写の巧さ?うーん、だめだ、魅力の半分も伝えられてない。読んでいるうちに気づいたらその世界観にどっぷり引き込まれてしまう、まず読んでみて!と勧めたくなるそんな漫画。

イエスタデイをうたって (Vol.1)イエスタデイをうたって (Vol.1)
(1999/03)
冬目 景

商品詳細を見る

恐らく、好き嫌いが分かれるであろう冬目漫画の中で一番とっつきやすいのが↑の「イエスタデイをうたって」。僕もこの漫画を読み始めてからハマるようになりました。上の表紙絵とかamazonレビューとか見て少しでも気になったら是非本屋などで手にとってみてください。特に精神的に落ちてる時とかそういう時だと心の芯から響いてくる一品です。
スポンサーサイト
漫画CM0. │ TOP▲
1184109602903.jpg

 一応2次試験の方が一段落して、8月3日ぐらいまでしばらく画像のような感じなので、最近読んだ漫画の感想でも。

-----------------------------------------------------

ヒストリエ 4 (4) (アフタヌーンKC) ヒストリエ 4 (4) (アフタヌーンKC)
岩明 均 (2007/07/23)
講談社

この商品の詳細を見る

 待ちに待った、というかあまりに待ちすぎて直前までのストーリーを忘れてしまったので結局1巻から読み直す羽目になってしまいました。サテュラの「目がコワイよ、目が」っていう台詞があったけど、やっぱり無機質系の怖い表情書かせたら岩明先生は超一流。それだけに、エウメネスと怒りに震えるテレマコスの表情の差が凄い印象に残った。あとはサテュラの涙と最後の強がりはグッとくるものがありました。しかし、エウメネスとサテュラが明らかに♂♀してる描写があったけど、岩明先生が露骨にエロ描写するのってけっこう珍しいよね。

ハチワンダイバー 1 (1) ハチワンダイバー 1 (1)
柴田 ヨクサル (2006/12/19)
集英社

この商品の詳細を見る

 評判が良いので買ってみた。プロになり損ねた棋士・菅田とアキバのメイドさんを中心に繰り広げられる賭け将棋、というピーキーな漫画。決して万人向けとは思えない濃ゆい絵だけど、それを生かしたスピード感溢れる、かといって淡白ではない独特の描写が良かった。別に将棋の一手一手とか解説するタイプの漫画じゃなくて、とにかく勢いで押し切ってしまうパワフルな漫画なので、将棋やった事無い人でも楽しく読めると思った。いずれ続きも読んでみたいですね。

ながされて藍蘭島 1 (1) ながされて藍蘭島 1 (1)
藤代 健 (2003/01/22)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る

 まち姉がかわいかった。

-----------------------------------------------------

 久々のまとまった休みなので、引きこもっている間についた贅肉を落としたり、色々本とか漫画とか読んだりしたいと思ってます。銀英伝辺りをがっつり読み直してみたい。
漫画CM0. │ TOP▲
ヴィンランド・サガ 4 (4) ヴィンランド・サガ 4 (4)
幸村 誠 (2007/02/23)
講談社
この商品の詳細を見る

 今日はヴィンランド・サガと蟲師の発売日。バイト先の本屋にもそれぞれ60冊ずつ入荷しており、早速両方購入して参りました。しかし、蟲師と同数入荷しているって事は、ヴィンサガも同じぐらい売れてると考えていいのでしょうか?だとしたら、喜ばしい限り。

 さて、主人公が本格的にアシェラッドに移行してきた本作。明らかにある層を狙ったと思しきあざとい表紙と帯ながらも、中身は相変わらずのクオリティの高さで非常に楽しく読ませていただきました。アシェラッドの出自、計画、クヌート王子の素顔などが明らかになり、物語はいよいよ佳境といったところか。

 今回、遂に幸村氏の代名詞ともいえる「愛」が神父によって語られるシーンがありましたが、キリスト教の説く「愛」が幸村氏の説く「愛」と合致するかはまた別問題。幸村氏の父親がモデルといわれているアシェラッドの

「オレァもともと坊主は嫌ェなんだ」

という発言、そして、敬虔なキリスト教信者であった村人はほぼ皆殺しの憂き目に遭い、背徳者であったアンのみが生き残る、という皮肉めいたシチュエーションから考えると、むしろキリスト教批判ではないか、とも考えられます。神父の作中での扱いも決してプラネテスのタナベに通じるような扱いとはいえないし、プラネテスの4巻でロックスミスが、

「『本物』の神はこの広い宇宙のどこかに隠れ我々の苦しみを傍観している」

と話している事からも、立場的に「神」への敬虔な信仰を持っているとはちょっと考えにくい。今後、徐々に話を通してその辺が明らかになってくるのでしょうけど、トルケルのヴァルハラ信仰しかり、この漫画の大きなテーマの一つが「神」である事だけは間違いないと思うので、話の中でそういった要素をどのように扱っていくか、そして氏の代名詞である「愛」をどう主張するのか、に今後特に注目していきたいです。もちろん、戦闘シーンは戦闘シーンで純粋に楽しいのだけどね。
漫画CM0. │ TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。