上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴィンランド・サガ 4 (4) ヴィンランド・サガ 4 (4)
幸村 誠 (2007/02/23)
講談社
この商品の詳細を見る

 今日はヴィンランド・サガと蟲師の発売日。バイト先の本屋にもそれぞれ60冊ずつ入荷しており、早速両方購入して参りました。しかし、蟲師と同数入荷しているって事は、ヴィンサガも同じぐらい売れてると考えていいのでしょうか?だとしたら、喜ばしい限り。

 さて、主人公が本格的にアシェラッドに移行してきた本作。明らかにある層を狙ったと思しきあざとい表紙と帯ながらも、中身は相変わらずのクオリティの高さで非常に楽しく読ませていただきました。アシェラッドの出自、計画、クヌート王子の素顔などが明らかになり、物語はいよいよ佳境といったところか。

 今回、遂に幸村氏の代名詞ともいえる「愛」が神父によって語られるシーンがありましたが、キリスト教の説く「愛」が幸村氏の説く「愛」と合致するかはまた別問題。幸村氏の父親がモデルといわれているアシェラッドの

「オレァもともと坊主は嫌ェなんだ」

という発言、そして、敬虔なキリスト教信者であった村人はほぼ皆殺しの憂き目に遭い、背徳者であったアンのみが生き残る、という皮肉めいたシチュエーションから考えると、むしろキリスト教批判ではないか、とも考えられます。神父の作中での扱いも決してプラネテスのタナベに通じるような扱いとはいえないし、プラネテスの4巻でロックスミスが、

「『本物』の神はこの広い宇宙のどこかに隠れ我々の苦しみを傍観している」

と話している事からも、立場的に「神」への敬虔な信仰を持っているとはちょっと考えにくい。今後、徐々に話を通してその辺が明らかになってくるのでしょうけど、トルケルのヴァルハラ信仰しかり、この漫画の大きなテーマの一つが「神」である事だけは間違いないと思うので、話の中でそういった要素をどのように扱っていくか、そして氏の代名詞である「愛」をどう主張するのか、に今後特に注目していきたいです。もちろん、戦闘シーンは戦闘シーンで純粋に楽しいのだけどね。
スポンサーサイト
漫画CM0. │ TOP▲
■ヘンリー王子、4月にイラクへ=王室の紛争地派遣25年ぶり-英紙(時事ドットコム)

 ヘンリー王子といえば、かのドラクエVのいたずら王子をまず思い出しますが、こっちのヘンリー王子も、何を思ったか「仮装パーティーでナチスの軍服衣装で参加」してマスコミに叩かれるというなかなかファンキーな皇族なので、個人的にちょっと注目していたりします。

 さて、ドラクエの方のヘンリー王子は自分が数多くのドラクエキャラの中でも特に好きなキャラだったりします。そんな自分がドラクエVの作中で一番気に入っているのが、ヘンリーがトムとの邂逅を果たす以下のシーン。



兵士「ここから先はラインハットの国だ。
 太后さまの命令で 許可証のないよそ者は通すわけにはいかぬぞ!
ヘンリー「ポカリ! えらそうだなトム!
兵士「あいたた! タンコブが……。無礼なヤツ! 何者だっ!?
 どうして私の名前を???
ヘンリー「あいかわらずカエルは苦手なのか?
 ベッドにカエルを入れておいたときが いちばんけっさくだったな。
兵士「…………! そ そんな…… まさか……。
ヘンリー「そう。オレだよトム。
兵士「ヘンリー王子さま!
 ま まさか生きていたとは… おなつかしゅうございます!
 思えばあの頃が楽しかった。今のわが国は……。
ヘンリー「なにもいうなトム。兵士のお前が国の悪口をいえば なにかと問題が多いだろう。
兵士「はっ…………。
ヘンリー「通してくれるな?トム。
兵士「はい! よろこんで!




一番最後の遣り取りは「あのいたずら王子がこんなに立派に成長して……」という意味を含んだ「よろこんで!」なんでしょうねきっと。奴隷時代にヘンリーが、



ヘンリー「もっともオレが素直になったのは お前の親父さんの死がこたえたのもあるけどさ。



と述懐するシーンがありますが、パパスに殴られ、そのパパスを間接的とはいえ自分のせいで死なせてしまい、ラインハットはあんな事になってしまって……、色々心の中で葛藤などあったんだろうなぁ、と思うと感慨深いものがあります。奴隷時代は主人公とずっと一緒にいたわけで、上のセリフを考えると、相当に責任を感じていて心中辛かったんだろうなー。性格からしてそういう事は口に出さないタイプだと思いますが。

 今思えば、ラインハットが救われた後に、例の



ヘンリー「ですが王様、子分は親分のいう事を聞くものですぞ。



というセリフで王位を辞退し、あくまで裏方からデールを支えていく立場に徹した辺りも、責任を感じていたであろう事を思わせると同時に「成長したんだなぁ……」と目頭を熱くさせてくれるシーンでした。結果的には、ドラクエV全体ではそれほど長く仲間にいた、というわけでもなかったキャラですが、思い出深いキャラの一人ですよね。
雑記CM0. │ TOP▲
 ついに幸隆パパキタ!!ここで信濃追われる前の真田と勘助を絡ませるかー、なるほど。嬉しい誤算。戸石城の話とかも出てきてニヤリとしつつ、幸隆パパが食えないキャラとして演出されていたのに興奮しつつ、「勘助正体ばれるの早すぎでごいす」と突っ込み入れつつ今回も非常に楽しめました。あと、晴信公は顔がアップになると真剣なシーンでも笑ってしまうので、早くオヤジ顔になってください。

 今回の真田と組むのも後々の話に生きてくる伏線になるんだろうけど、次回でそのタッグと晴信がぶつかる事も何かしらの伏線となって後々生きてくるんだろうなぁ。この時期に勘助が信濃の地にいるっていうのも、後々の戸石での村上戦で何かしら関係してくるっぽいし、そういうの妄想するだけでも楽しい。まあ次回は初陣晴信vs幸隆&山勘タッグってだけで、結果が分かっていてももう楽しみで仕方ないですよ。オラわくわくしてきたぞ!!

 心情描写とかの演技も見応えあるし、いろんな部分が丁寧に作られてるよなぁ、ホント。このクオリティでずっとやってくれるなら、どんなに忙しくても毎週欠かさず見て行きたい。
雑記CM2. │ TOP▲
■テーブルゲーム『ドカポン・ザ・ワールド』がオンライン化

 よりによって、一番オンラインにすると危なそうなゲームを!見える、切断の大攻勢という未来が私にも見えるぞ!!

 ドカポンといえば昔は特に3・2・1をやっていたなぁ。序盤から赤宝箱に直行してレアアイテム狙ったり、武器屋襲って最新の武器ゲットしたりは定石。マジシャン選んでフィールド魔法買い込んであちこち狙撃するという典型的な他から嫌われるタイプのプレイスタイルでした!まあ結局は自分の周りもそういう同類ばっかだったので、ビッグモンスターと戦ってたらどこからともなく隕石が降ってきて死んだりとか、トップがパペットで操られて武器防具全部売られたりとか、そういう足の引っ張り合いが日常茶飯事のカオス。みんな性格が出すぎです!!

 ちなみに、3・2・1ではかの柴田亜美先生が担当していることでも有名。柴田亜美自身がこれをプレイした時には、アシスタントのキャラに戦闘で殺されて名前を「ばらぞく」「さぶさっか」に変えられたとかなんとか。
雑記CM0. │ TOP▲
 やっぱり、何度考えてみても王ヘイヘーイが後期蜀軍のエースだよなぁ。や、別に魏延や姜維が嫌いというわけではなくてですね。むしろ魏延は好きな方なんですけど、純粋に功績だとか史料から読み取れるモノだけで評価するなら王平に軍配が上がるのではないかと。もちろん、王平が無当監、要するに蜀の最精鋭部隊を率いてたってのもあるんですけど。

 個人的に「苦境の際に如何に行動したか、またそれを克服できたか」は将を評価する際の絶好の材料だと思っているんですが、王平の場合、街亭の件といい、爽やかソウソウ(曹爽)侵攻の件とかそういう材料も揃っている上に、その地位も家柄とかでなく完全に実力によって叩き上げられた感じなんですよね。四書五経を嗜む事が一般教養とされていた当時において読み書きができない、ってだけでどれだけ寒門の出だったかってのは容易に想像つくし。あとは、その苦境含め2度もあの張郃相手に、というのも高評価。そういう史書で明らかになっている部分の事績のみで判断すれば、王平って蜀の将軍全部見渡しても相当なものなのに、取り上げられるって事がろくにないのが悲しいです。三国志平話ではいきなり南蛮遠征の時に斬られるし。

 まあ、ここ2~3年三国志関連から離れ気味だったせいもあって細かい部分がうろ覚え気味なのもあるんですが、王平に限らず北伐関連に関しては一度しっかりまとめてみたいなー、と思っていたので、色々とリアルが落ち着いたらテキストを書き起こしてみたい所。作戦行動だけでなく、地政学的要素、経済的要素などの部分でも面白いテーマではあるんですよね、北伐は。実際、中国史上で益州を根拠地として大成した勢力ってそれこそ劉邦ぐらいなもんで、それも益州のみを根拠地として扱っていいのか怪しい状況だし。一番近い状況といえば益州と関中を支配していた宇文氏の北周王朝ですが、彼らが残りの北部を支配していた北斉王朝を倒し、隋の前身となった事を考えると、長安さえ落とせていれば面白くなっていたんじゃないか、とか思ったりします。


※追記
 この王平もそうなんだけど、改めて自分は、功績充分、苦境等においてもやる事しっかりやってる実力派なのに、何故か不当に過小評価される人は基本的に好きなんだなーと思った。人間の真の実力が分かるのは苦境の時こそ、というのが自分の考えです。もちろん、これは戦に限らず。

 王平とかは降将である上に文字も読めない寒門の出、と蜀の生え抜き軍人とも士大夫とも人間関係が大変だったんだろうなぁ、と考えると、そんな状況で職業軍人としてあそこまで出世したのは密かにかなり凄い事なんじゃないかと。
 近年の何でもラブロマにする傾向にうんざりして、久しく大河はまともに見ていなかったのですが、山本ニート勘助とかヒロインっぽく出てきたのがいきなり死んで腹を割かれるとかそういう噂を聞いて見てみたくなったので今日見てみました……。お、面白い!!

 ネタ的には「ち、陳宮!」って感じのテリーの死にっぷりや「ぼくはきれいなヨシモト!」って感じの今川焼きにも吹いたんですが、純粋にドラマとして面白いですね。展開も読めなくて非常に良い。葵三代以来の久々にしっかり見てみようと思える大河でした。

 しかし、よく考えたらここ数年まともに歴史ドラマを見ていない事に気づいた。だからこそちゃんとした出来の物を普段以上に楽しめるってのもあるのかも。今度、映画化された「墨攻」を見に行こうと思っているのですが、そっちも楽しめればいいなぁ。遅刻しただけで打ち首にされるような殺伐とした、権謀術数渦巻く春秋戦国時代の雰囲気を再現した映画であればいいのですが。
雑記CM0. │ TOP▲
 三国志マガジンだからって必ずしも三国志の登場人物のこと描かなくたっていいんだから、三国志版げんしけんみたいな漫画があってもいいんじゃないかと思った。正史派と演義派と無双派大戦派が入り乱れるカオス三国志サークル物語。あと、史蹟紹介の旅行記漫画とかそういうのもあっても面白いかも。
 
 まあでも、一時期に較べるといわゆる「三国志ブーム」的なものは下火になった気もしますねー。蒼天が終わったのも多分影響してんだろけど、無双もマンネリ感が否めないという面はあるし、大戦も、そこからの三国志界への新規参入、という意味ではほとんどいなさそう。一方で、江森三国志復刊とかコアな三国志マニアが喜びそうなニュースもあり、一部の間で盛り上がるという本来あった姿に戻りつつあるといえばそうなのかもしれませんね。個人的には、昔あった光栄の歴パラ的な雑誌があればいいのになー、と思う今日この頃。


 なんつーか……、良くも悪くも「無双」だなー、と。3分で12機のリックドムどころの話じゃないですよこの敵の多さは!!無双乱舞(?)使えば3秒で12機落とせそうだ。

 無双って時点である程度は想像ついてたんですが、やっぱサーベルで切りまくるゲームでライフルは「おまけ」っぽいモーション。まあこの数の多さだとライフルでいちいち照準つけるとかそんな話じゃないんだろうけど、無双の外見だけ変えたという感じの手抜き感は否めません。宇宙空間戦闘とかも普通に地面が見えない平面だし。個人的にGやW辺りはいわゆる「無双」的世界に向いてると思うんですが、やっぱ1stとかZとかがあんな感じで動き回るのはどことなくシュールな雰囲気がするなぁ。あんだけ敵いる中でビグザムの拡散メガ粒子砲とかぶっ放してぇー!という気もしなくもないですけど。

 まあ、それでもハードがPS2なら普通に「ヒイロVSマスターアジア」とか見たいので買ってた可能性はあるけど、よりによってPS3なんですよな。Xbox360やWiiならまだしも……。確かにガノタは資金面では糸目をつけない人が多いでしょうけど、果たしてこのソフトでどれだけそのガノタをPS3ごと釣れるか、に注目したいところです。
雑記CM2. │ TOP▲


 ニコニコ動画の仕様だと、ハリー*1が凡退する度に「喝だなこりゃあ!」「喝!」とかコメントしたくなるので困ります!!まあ普通に見る分には「コメントを表示しない」にチェックいれて見た方が快適かとも思いますが。

 あと審判の声が「ストルァァァイク!!」とか若本っぽくて吹いた。試合もかなり熱い展開で音楽も良いので、パワプロ知らない人にもお勧めです。



*1 本名・張勲こと3000本安打張本勲の略称。袁術配下の大将軍とは何の関係もない。サンデーモーニングのご意見番コーナーでも有名。
雑記CM0. │ TOP▲
■果たしてアントワネットは「パンがなければケーキをお食べ」と言ったのか

 中国史者にはある意味マリーより有名な「米がなければ肉粥食べればええねん(By司馬衷*1)」が実際元ネタって話もあるんですが、どうなんでしょうね。マリーがどんだけ馬鹿だったかを書く為のいいネタないかなーと探していたら、中国の古典から司馬衷のこの言葉を見つけた、って話をどっかで聞いたような。



*1 馬鹿殿として有名な西晋の二代皇帝・恵帝。司馬懿の曾孫にあたる。
雑記CM0. │ TOP▲
■最新画像から想像する「モンスターファームオンライン」の世界

 そういえばめっきり話聞かなかったなぁ、と思ってたけどちゃんと開発してたんですね。

 MFも2までやってたんですけど、我が最愛のモンスター・ガリ様はいなくなってしまったのでしょうか?あの神秘的な御姿や必殺技を拝める事はもうないんだろうか。モンスターの造形も随分変わっちゃったなぁ……。

------------------------------------------------

 あと、ここから微妙に私信。新メッセアドはこちら。

windcutter(アットマーク)hotmail.co.jp

旧アドで上がる事はもうないし、一応プロフの方にも晒しておきます。旧アドのそれに較べてメンバリストも大分寂しくなったことですし、他にも興味ある方がいたらどうぞご自由にメンバリストに放りこんだってくださいませ。
雑記CM0. │ TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。