上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)戦うボーイ・ミーツ・ガール―フルメタル・パニック! (富士見ファンタジア文庫)
(1998/09)
賀東 招二

商品詳細を見る


 00がフルメタのパクリだとかそんな話を聞いて興味を持ち、気づいたら全巻読んでました。長編のシリアスパートも大好きなんだけど、短編の学園コメディが面白すぎる。主人公の相良宗介は「ミスリル」という組織の傭兵で、任務で日本の陣代高校に潜入しているという設定なんですが、ずっと戦場で育ってきて日常生活の感覚がないせいで、ロッカーに入れられたラブレターを「俺のロッカーに不審物が入っている」とか言い出してロッカーごと爆破したり、売店の混雑するパン売り場で「コッペパンを要求する!おとなしくコッペパンを出せっ!さもなくば…射殺する!」とか言い出したり色々ひどすぎて素敵です。その度にヒロインのかなめのハリセンが飛ぶんですが、長編では舞台が陣代高校から移ってしまった事からもう短編コメディの方は見られないのかな。ただ、長編の方も物語がいよいよ佳境に入ってシリアスになってきた感じなので、ここからクライマックスまでどうもっていくのか本当に楽しみです。文体も読みやすいし万人にオススメしたい一冊。

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
(1998/09)
京極 夏彦

商品詳細を見る


 以前から面白いと聞きつつも最近まで手を出していなかった京極夏彦。まずはこの姑獲鳥の夏から始めてみたんですが、いやはやそのボリュームもさることながら、中身も評判通りの面白さでした。序盤の京極堂の薀蓄の辺りは少々苦痛だったものの、中盤から勢いづいて伏線がどんどん解消されていく辺りから一気に最後まで読破。読んでいて思ったのは、とりあえず関君落ち着け(笑)という事と、内容に関して本当によく構成が練られていて、かつ知識が潤沢な人が書いたものだなぁと感心。友人に「これからさらに厚くなる(本の厚さが)」という話を聞いて少々怖気づいておりますが、その労力に見合う面白さだと思ったので続きを読んでみる所存。

 あとは金庸の小説とかに最近興味を持ち始めていて読んでみようかと画策中。他にもチャーチルの「第二次世界大戦回顧録」なども現在読んでいたりするので、いずれ感想でも書いてみようかと思っています。
スポンサーサイト
雑記CM0. │ TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。