上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーム理論トレーニング ゲーム理論トレーニング
逢沢 明 (2003/03/11)
かんき出版
この商品の詳細を見る


最近、空き時間に頭の体操として読んでいるのがこれ。
ゲーム理論の専門書というとどうも難解で、
数学的素養のないオバカ文系の僕にはとっつきにくいものがあるのですが、
この本は初学者向けという事もあってすんなり入れました。

本書では有名な「囚人のジレンマ」「ナッシュ均衡」「パレート最適」などの
理論を簡潔に紹介しつつ、各テーマごとに問題を立てる形式なので、
問題を自分なりに解きながら楽しく読めます。
ゲーム理論的考え方では、相手が常に最高の手を打ってくるとする、
すなわち、相手の立場に立って考える場合の想像力が必要になってくるのですが、
自分でこれだ!と思うものを思いついたらどうにもそれ一辺倒で
突っ走りがちになる僕にとってはいろいろと勉強になりますね。

読み物としても純粋に面白いので、ゲーム理論に興味がある方、
もしくはちょっとした時間に頭の体操をしたい方にはオススメ。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://sibaansei.blog78.fc2.com/tb.php/35-9a4dd11b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。