上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉 (2005/02/16)
光文社
この商品の詳細を見る


今更ながら購入し読了。

「たーけやーさおだけーー」のフレーズで有名なさおだけ屋。
とても売れてそうには見えないこの商売が何故廃れないのか?
そのような日常の素朴な疑問から会計の知識を紹介している本。

自分的に耳が痛かったのが

「1000円のものを500円で買うのと、101万円のものを100万円で買うのでは、どちらがお得か?」

というお話。

利益率でいえばどう見ても前者なんですが、よくよく見ると、
前者は500円しか得してないんですが、後者は1万円得してるんですよね。
自分の場合、特に一人暮らしを始めてからは

「バナナが30円安い!」

とかそういうしみったれたオバサン的思考が身についてる割には、
いざパーッと大金を使うときにはあんまそういうのを気にしない性格。
通りであんまりお金が貯まらないわけだ……。

純粋に読み物として面白いので、会計にそれほど興味がなくてもオススメです。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://sibaansei.blog78.fc2.com/tb.php/43-0daf578c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。