上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨイコノミライ 1 完全版 (1) ヨイコノミライ 1 完全版 (1)
きづき あきら (2006/07/28)
小学館
この商品の詳細を見る


以前から噂だけは耳にしていたのですが、
先日たまたま本屋で巡り合えたので勢いで購入。
最近こんなんばっかだ自分。

「オタクと腐女子の底辺!」という煽り文句で売られていたこの漫画。
これでもかというぐらい、オタクのカオスな部分、
言ってしまえば「イタさ」の部分を抉り出してる。
平松さんとか某合○所に晒されるネタまんまの人だし、
天原はいわゆる典型的な痛いオタクのステロタイプを描いてる。
げんしけんとはベクトルが真逆の、黒いオタクファンタジーっちう感じでしょうか。

そんな人達がヌルく馴れ合っている空気を、
新入漫研部員の青木さんが引っ掻き回す所から物語が始まります。
彼女に言わせれば、そんな漫研部員達は、

・感想と批評の区別もつかない自称批評家。
・現実が直視できないオカルト少女。
・文芸部からはみだしたボーイズ作家。
・声優気取りで甘えた声、自己愛の強烈なナルシスト。
・口ばっかりプロの半可通。
・なんの取り柄もない。ただのオタクに居場所を感じているだけの無能オタク。


果たして漫研部員達のミライは如何に。

一種のアイロニカルな作品で、オタクとしての自分を客観的に見つめ直す、
という意味では、一読の価値がある作品ではないでしょうか。
程度の差はあれど、この漫画に描かれている「イタさ」は、オタクであれば
多かれ少なかれ持っていた、もしくは現在形で持っている物だと思いますので。
スポンサーサイト
漫画CM0. │ TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。