上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウマ


プロフに三国志ネタ云々とか書いておきながら、
全くといっていいほどまともに三国志ネタを書いてなかったので、
僕の好きなお馬さんについてでも語ってみる事にします。

三国志で馬っちうと、やはりまず名前が出てくるのが赤兎馬。
この一日に千里を走るとされた赤兎馬、モデルとされたのが『汗血馬』ってのは
三国志を多少なりともかじった人には有名な話でしょうが、
今回のお題はこの『汗血馬』について。
この汗血馬は、史書の中では、三国志よりもうちょっと前の時代で登場します。



時は遡って前漢の武帝・劉徹の治世。
衛青、霍去病らの活躍で対匈奴戦争に勝利し、匈奴の勢力を北方へ追いやり、
天山南路を経由する西域への道が開かれた頃の話。
まあ正確には、小説でも有名な楼蘭とかその辺が従わなくって
小競り合いしたりしてんですけど、めんどくさいので割愛。

西域の親玉・匈奴を追っ払った事で、今までは漢を軽視していた西域諸国も
徐々に漢と誼を結ぶようになっていき、武帝の下に数々の西域の品が献上されましたが、
中でも武帝の興味を引いたのが馬。
漢のしょっぱい馬達に較べると西域の馬は格段に優れており、
中でも素晴らしかったとされる烏孫(現在のカザフ族)のイリ馬は
武帝に「天馬」、として称えられました。

さて、以上のような経緯があって、最早タダの馬オタと化していた武帝。
そんな中、大宛国(現在のフェルガナ辺り)の弐師城に名馬が繁養されているという噂を聞き、
馬オタ武帝は早速「You、この金メッキ細工の馬と君んとこの名馬を等価交換しちゃいなよ!」という使者を送りますが、


ハルパゴス


と煽られたあげく、煽りに脊髄反射して罵詈雑言吐いてった漢の使者も、
帰り道で殺されるという散々な結果に終わり、武帝ブチキレ。
愛人・李夫人の兄であった李広利を大将としたしょうもない人事の遠征軍を送り、
一度は追っ払われたものの、二度目で水路を断つという水攻めにより弐師城を落とし、
弐師城の名馬こと『汗血馬』強奪に成功。かくして、汗血馬が「天馬」と称えられ、
以前の天馬であった烏孫のイリ馬は「西極」という称号に格下げ。
最上部の画像の如く大喜びした武帝は、
「西極天馬の歌」を作らせ、祭祀などの際に演奏させたそうな、
という別に美談でも何でもない『汗血馬』の物語でしたとさ。

さて、この汗血馬ですが、現存するアハルテケという馬の祖先ではないか、
という説が有力です。リンク先には写真も載っておりますが、
この馬は4152kmを84日で走破する、という記録を持っている名馬で、
産地のトルクメニスタンでは国の象徴とされ、国宝級の扱いを受けているのだとか。

では、この馬は血の汗を流すのか?というと、その現象自体は、
『多乳頭糸状虫』という寄生虫に寄生された際に起こる「血汗症」によるもので、
アハルテケに限ったものではない、という夢のない話になってしまうのですが、
今でも中央アジアでは「汗血=活力が有り余っている証拠」として、
名馬の象徴として考える人も少なくないという話もあるそうです。

何だか結果的に三国志ネタじゃなくなってしまった気がするけど、気にしない方向で。
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。