上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
げんしけん (9) 限定版 げんしけん (9) 限定版
木尾 士目 (2006/12/22)
講談社
この商品の詳細を見る


見事なまでに商売戦略にハマって、同人誌つきの限定版を買ってきたよ!

作品内の時が自分の大学生活の時期とほぼかぶるだとか、
大学そのものがピンポイントにモデルになってるとかあったので、
終わってしまったのはやはり一抹の寂しさを感じます。
斑目卒業の辺りからどうすんのかな、と思ってましたが、
何だかんだで綺麗にまとめたなぁ、って感じ。

途中で、斑目扉絵で「告白」ってタイトルが出てきた時は素で飯吹きそうになったけど、
斑目がしっかりヘタレていてくれてよかった。
あの状況で春日部さんに告白する斑目なんて斑目じゃないです。
気持ちをいつまでも伝えられずにずっと悶々として終わってこそ斑目ですよ、うん。
荻上も春日部さんもキャラとしては非常に良かったけど、
やっぱり、げんしけん1の萌えキャラは斑目である、と強く主張しますよ僕は。

同人誌は沙村広明や安彦良和、きづきあきら辺りが目当てだったけど、
篠房六郎のリアルげんしけんに吹いた。
この内容の同人誌+ドラマCDでこの値段なら大満足です。
スポンサーサイト
漫画CM0. │ TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。