上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共鳴せよ!私立轟高校図書委員会 1 (1) 共鳴せよ!私立轟高校図書委員会 1 (1)
D.キッサン (2006/10/25)
一迅社
この商品の詳細を見る


「攻めの対義語はなーんだ?」

「受け。」


守り


 四コマ漫画ではひっさびさの個人的ヒット。ステキに長ったらしいタイトルに惹かれて表紙買いしましたが、たまにこういう掘り出し物を引き当てられるから表紙買いはやめられません。

 漫画の内容は図書委員会の面々による雰囲気系ギャグ漫画。こう書くと別にフツーのありきたり漫画っぽいんですが、この図書委員会の面子がなかなかに個性的。

 ネトゲ婚の親(しかも父ネカマ)から生まれたB型天然系委員長の福家くんはじめ、委員会を影で操る黒幕メガネ三村さん、強制的に借りさせられたギャルゲーで相手を落とせなくて苦悩するクソ真面目ポエマー青山君、長年捜し求めていたクソゲーを一万円で購入する超絶ゲーマー由島さん等々ステキックな面子で構成されているのですが、その中で一際濃ゆいキャラクターを持っているのが黒野さん。

 彼女は図書委員会きっての傑物で、成績優秀、スポーツ万能。おまけに美人で人当たりも良く……、


俺の下でもがけ!


「テニスの御曹司」と書かれている本が積まれているのにある種の悲哀を感じました。

 ちなみに、彼女は何でもかんでも801に変換してしまう801脳の持ち主。学業も全て妄想力で補完。アーリヤ人のバンジャーブ侵入やフェノールとピクリン酸の関係で妄想できるツワモノです。

 まあ特別爆笑!という感じの本ではないけど、その雰囲気に和みつつニヤニヤと楽しめる漫画って感じ。ただ、所々にオタクネタがちりばめられているので、基本的にはオタク向けかな?そういうのが分かる人が読めばかなり楽しめると思います。オススメ。
スポンサーサイト
雑記CM0. │ TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。