上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.comptiq.com/top_news/07_01/12_a.html
http://www.gofa.co.jp/art/070224_Tome/index.shtml

 2/24~3/11まで青山にて行われるみたいですね。2/23は蟲師とヴィンランド・サガの新刊出るし、至福の週末を楽しめそう。この原画展用に書き下ろされているという「HASAMI」の絵は冬目キャラの中では見なかったタイプの絵ですね。童顔、メガネで明るめの髪ってのは新しい。

 それにしても、下のURLの作家プロフィール欄……、



■作家プロフィール
冬目景




なんというやる気のなさ!!別のアートショウの作家さんのプロフィールは



■作家プロフィール
高田 明美(Takada Akemi)
3月31日 東京都生まれ

幼少時、立つよりも早く、「はいはい」で家中の壁にクレヨンで壁画を描く。

この時、手の届くすべての壁に紙が貼りめぐらされ、
絵を描くことへの熱意の芽を摘まれずにいたおかげで、絵の道が開ける。
それ以降、絵を仕事とするまでの人生は、
絵を描くことにまつわる記憶のみが鮮明に残る毎日を送る。

多摩美術大学卒業後、「タツノコプロ」に入社。

4年半勤めたあとフリーランスとなり、『うる星やつら』
『魔法の天使クリィミーマミ』『きまぐれオレンジ☆ロード』『機動警察パトレイバー』
『魔法のステージ ファンシーララ』など、アニメーションのキャラクター デザインを手がける。

キャラクターデザイナーとしての仕事の他、イラストレーターとしても、
ビデオ・LD・DVD・CDジャケットや書籍の装丁画・挿絵などを数多く制作。
そのかたわら、オリジナル作品制作にも意欲を持つ。

並行して原画展を、国内はもとより、1992年4月に香港、2000年3月に台湾、
同年7月にアメリカL.A.など海外でも個展を開催し、絶大な支持を得ている。
2003年春、ジュエリーデザインに目覚め、
同年11月には初めてジュエリーの展示販売を含む個展を
青山バレエショップ"FAIRY"にて開催、好評を得る。
現在もアクセサリーの深く広い世界に探求心は止むことない。
絵やジュエリー等、様々な種類の創作に前向きなメッセージを込めて、
制作活動に日々勤しみ、その作品達が世界中の人に愛されることを願っている。




といった感じで長々と書かれているのに!!

 まあやる気のある冬目先生なんて冬目先生じゃないけど、その気になれば、



現在連載中の作品は『イエスタデイをうたって』(ビジネスジャンプ)、ハツカネズミの時間(アフタヌーン)、ACONY(アフタヌーン)、黒鉄(モーニング)、幻影博覧会(コミックバーズ)、LUNO(少年ガンガン)など。最高傑作との声も高い『羊のうた』はアニメ化、実写化もされている。



みたいな大物作家っぽいこと書けるのに!まあそのうちACONYと黒鉄とLUNOは休載中なんですけどね。虚偽広告極まりない。

 しかし、イエスタの新刊といい、何故かフィギュアがよく絡んできますね。あくまであの絵が楽しみなので、フィギュアとかは割とどうでもいいや。
スポンサーサイト
雑記CM0. │ TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。