上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とかいう広告を新聞で見かけたので、気になって調べてみました。



華陀の水オフィシャルサイト

世界有数の活火山『桜島』、霊峰高隈山に囲まれた、全国でも有数の名水の古里。鹿児島市からフェリーを30分前後乗ればたどり着く、比較的アクセスの良い土地にあります。

垂水市の温泉水は、太古の昔地球上に酸素をもたらしたといわれている天然ビフォアクロレラが、高温の中で純粋な酸素を作り出している貴重なもの。華陀の水の源泉となっている温泉水は湧水量が500リットル/分と抜き出ていて、良質の天然ビフォアクロレラをたっぷり含んでいます。




 ちょ、ちょっとこれ、カケラほども華陀関係ない!!せめて、中国のどっかから採ってきた水とか嘘でも言ってくれよー。鹿児島県で採れた水が華陀の水と言われても……、うーん。

 ちなみに、華陀関連だと他には中国に『華陀膏』という漢方薬があったりします。別に華陀が発明したとか全然そんなんじゃないんですけど、水虫用の薬として愛好されており、旅行者とかが記念に買っていく事もあるみたいですね。無双世界では何故かエリクサーになってますが。

 まあ、華陀の水に限らず日本国内に限定しても、レストランの名前とかで三国志関連の名前はけっこう使われてたりしますね。例えば、五虎将の面子だと以下のような感じ。

・関羽
・張飛
・馬超
・黄忠
・趙雲

 個人的には、みそ馬超が数年前からめっさ気になっているんですが、結局未だに食できず。もし、山形の方に行く機会があれば是非食べてみたいもんです。馬肉自体食したことがないのだけど、どんな味がするんだろ?
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。