上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03143.jpg

いやー、今週も実に面白かった。今回は大田その他が落ちるとこまで。カイジが自らの潜む魔物に心臓を掴まれ幻覚を見るシーンの演出は本当に素晴らしかった。この分だと来週の石田さん関連や佐原の演出もかなり期待できそう。最初、利根川先生の演説聞いた時はどうなることかと思ったけど、ここ数回はホント神がかった面白さ。今季ではげんしけん2と双璧ですなこれは。原作知っている人間が言うのもなんだけど、カイジ知らない人が今から見ても充分楽しめる内容なのではないでしょうか。

まず、第一に作画が素晴らしいのもあるけど、このアニメで個人的に一番いい仕事していると思うのがナレーション。というか、このアニメの5割のセリフはナレーションだと思うんだけど、臨場感溢れるというか妙に気合が入っていてそれがこのアニメの尋常ならざる、現実から逸脱した雰囲気作りに一役買っているといえる。カイジを「全く知らない興味ない」、って言っていた友人に無理矢理見せた時もまずナレーションを誉めてましたし。まあ僕がナレーションが好きな理由は、単純に「カイジの戦略、破綻!!!」とか全力で叫ぶのが笑えるってのもありますけど。

03131.jpg

あとは、最初微妙かなーと思っていたカイジの声優さんの熱演も素晴らしい。落ちそうになるカイジが「生きたいっ……!!」と叫ぶシーンはカイジのただ本能、それだけから発した心の叫びがブラウン管ごしに伝わってきました。ただ、やっぱり利根川先生の声だけはいただけないなー。何と言うか声とか雰囲気とかそういうのが軽いんだよなぁ……今回アニメで放映される黙示録編では最も重要なキャラといっても過言ではないだけに残念。これだけはCv.若本の利根川先生を聞いてみたかった。まあグダグダ言っても声優が変わるわけではないので、Eカード編での奮起を期待したいところです。
↓以下某所の冬目スレより引用。




858 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい[sage] 投稿日:2007/12/21(金) 18:48:21 ID:+ki4itHB0
姐さんはもちろん、村田蓮爾と安倍吉俊のファンでもある俺はrobotを購読してる。
で1月にrobot10が出ると聞いてAmazonをのぞいたら

>人気の「お宅訪問」は、冬目景とSABEを直撃

「お宅訪問」は、冬目景

冬目景

  ( ゚д゚)     
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄           
  ( ゚д゚)     
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄
  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

http://www.amazon.co.jp/robot10-%E6%9D%91%E7%94%B0%E8%93%AE%E7%88%BE%E4%BB%96/dp/4862690467/ref=pd_ys_ir_

おまえら姐さんの部屋が見れますよ。




ΩΩ Ω<な、なんだってー(AA略

robotにたまに冬目姐さんがイラストを描いているという話は知っていましたが、自宅が公開とはこれは買うしかないだろう!!2000円と少々値が張りますが、姐さんの部屋を見られると思えば!!!!!1111

db27d988_20071225013435.jpg

で、その僕が大好きな漫画家の一人である冬目景先生なんですが、コアな漫画好きの中では名が知られている一方、その漫画を読んだ事があるという人にはなかなか出会えない。mixiの冬目景コミュも7000人近く人いるし、ファンが少ないわけではないはずなんだけど……マイナーメジャーというやつなのかな。

ct46.jpg

冬目景の漫画の面白さを語るのは難しい。面白くないわけではないんです。むしろ凄く面白いんだけど、いざ「どういう風に?」と聞かれると困る。敢えて言うなら、その独特のタッチの絵と類稀なる情景描写の巧さ?うーん、だめだ、魅力の半分も伝えられてない。読んでいるうちに気づいたらその世界観にどっぷり引き込まれてしまう、まず読んでみて!と勧めたくなるそんな漫画。

イエスタデイをうたって (Vol.1)イエスタデイをうたって (Vol.1)
(1999/03)
冬目 景

商品詳細を見る

恐らく、好き嫌いが分かれるであろう冬目漫画の中で一番とっつきやすいのが↑の「イエスタデイをうたって」。僕もこの漫画を読み始めてからハマるようになりました。上の表紙絵とかamazonレビューとか見て少しでも気になったら是非本屋などで手にとってみてください。特に精神的に落ちてる時とかそういう時だと心の芯から響いてくる一品です。
漫画CM0. │ TOP▲
最近は年末飲み会シーズンという事で例に漏れず酒飲んで高山ウコンの力(キリシタンパワー)に頼る日々をすごしていますこんばんは。戦国オタにしか分からないネタ禁止!まあ飲みの予定はあらかた終わったので、あとは某所の年末オタクイベントぐらいなんだけど。試験とかで忙しかったりしたので2年ぶりの参加になりますが、今回は1日目と2日目を覗いてみるつもり。後日レポとか書きます。

そうそう、日記書いてない間に何か西武から石井の人的補償として福地が来ましたね。んで、宮本がサードコンバートとかそんな話もあるようで。以上の情報を元に来年のオーダーを組んでみた。

1 (左)福地
2 (二)田中浩
3 (中)青木
4 (一)ガイエル
5 (三)宮本
6 (右)飯原
7 (遊)鬼崎
8 (捕)川本

こんな感じか?何か渋すぎる打線になってしまったけどこういうのは嫌いじゃないな。むしろ萌える。鬼崎は未知数で何とも言えないけど、少しだけ来年が楽しみになってきました。

あー、あとハガレン18巻買ってきました。(以下ネタバレ)








セリムがプライドってマジか!うわー。これは完全にやられた。ブラッドレイの「セリムか?あれは私にとっての弱点になりえんよ」というのはこの伏線だったのかー。てっきりこれはブラッドレイの冷徹さをアピールするセリフだと読んでいたのですが、なるほどこういう事だったのね。親子の会話もブラッドレイが親を演じるとしか読んでいなかったのですが、まさか両方フェイクだったとは……。いやはや。あれだな、プライドはセリムに憑依してるだけなのかもしれないけど、ああいう大物感漂うショタキャラはいい。僕のショタ好き魂をくすぐられます。ハガレンに出てきたキャラの中で一番好きになれそうだ。

そういえば、プライドが「始まりのホムンクルス」だとかそんな事言ってたけど、実質お父様に次ぐナンバー2と考えていいのかなこれは。今まででも少なくともエンヴィーやグラトニーよりは「上」の立場である事は仄めかされてたけど。あと、次回予告にあったフラスコの中の小人が多分プライドなのかな。さらに、若き日のホーエンハイムの画像も。うーむ、19巻は色んな意味で期待が持てる巻になりそうで本当に楽しみ。
雑記CM2. │ TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。